真性包茎は早期治療を

包茎には色んな種類や症状の物があり、同様の症状であっても軽度や重度の物など度合いの大きさもまた個人差がありますのでどの程度の物やどんなタイプの物かによって対処法なども変わってくるんです。
例えば、ペニスの皮が被っている症状の中でも特に早期に治療になって来る物の一つが真性包茎と呼ばれる物ですね。
こちらは、ペニスの皮が被っている症状の中でも特に重い症状の物でペニスの皮の出口が極端に狭くなっていますので平常時は勿論のことなのですが勃起している時も皮がむけることがないというようなものになっているのです。
この状態だと、任意で自分で皮を剥くこともできませんのでどうしても内部が不潔になりやすい、というようなデメリットがあります。
恥垢が溜まってしまいやすく、それが不潔の原因や悪臭の原因になったりしやすいのですね。
しかも、真性の場合は自分で皮を剥くことができないので中を洗浄することも出来ずどうしても不潔な状態をそのまま放置してしまいがちになってしまうんですね。
皮の中を自分で洗うことができないので、恥垢が洗い流されず溜まっていく一方なので解決することができず、セックスの際には痛みを引き起こすようなこともあれば炎症を起こしたり、伝染性の感染症を引き起こしたりするんです。
自分のペニスだけでなく、セックスの相手にそれをうつしてしまったり不潔な状態での挿入を繰り返すことによって相手の子宮頸癌を発生させるリスクを高めてしまったりといいことが全くありません。
しかも、場合によってはそもそもセックス自体ができなくなってしまったり満足のいく射精ができなくなってしまったりする場合もありますので、性的な快感に対して鈍感になってしまうこともあるんですね。
癒着していた場合は、自分で剥くなどのケアができなくなってしまいますので解決策は整形外科手術をするしかないと思っていた方がいいでしょう。
自分のためにも早期の治療をお勧めいたします。