包茎は不潔か?自身のコンプレックスを解決しよう!

- 仮性包茎は無理に手術する必要なし

仮性包茎は無理に手術する必要なし

包茎の症状の中でも、特に軽度な物と言えば仮性包茎ですね。
この症状の特徴は、ペニスに皮が被っている状態の中でもかなり軽度な物で、実は包茎治療のために手術をしたりしなくてもいい場合が多い、ということです。
そして、何よりこういった状態のペニスの人は実はかなり多いので特に気にしなくてもいい、というようなものでもあるのです。
普通のペニスの皮が被っている状態の中でも特徴的なのが基本的には皮が被った状態ではあるのですが任意で楽に皮を自分で剥くことができるということなのです。
だから、自分で皮をむいて定期的にペニスの皮の中を洗うようにしていれば皮をかぶった状態でも不潔になることはありませんし臭いがするようなこともなくなるのです。
普段から皮が被っているので、雑菌が繁殖しやすいというようなデメリットこそありますがそれも毎日お風呂に入るときにでも自分で皮をむいて洗うようにしていれば殆ど亀頭が露出している人と変わらないくらいの清潔さを保つこともできるのです。
セックスの時も、自分で皮をむいてやればいいわけですから特に支障が起こることはない物なのです。
しかし、普段から亀頭が皮に包まれているということで亀頭が刺激に対して敏感になりやすく、早漏になってしまうこともあるというようなデメリットはあります。
それでも、早急に整形外科手術が必要になってくるような問題ではありませんしそもそも自分で剥き癖をつけたりすることができれば皮が余っていても自分で矯正することができるような状態だったりもします。
自分でしっかりと管理をすることができていれば、特に何の問題もない物ですから自分で特に気になることがなければ無理に包茎治療の処置をとる必要はありません。
寧ろ、それで外科的な処置を強く勧めて来るような医院はあまりいいところとは言えないので仮に医院などで相談をする時はそういったことを基準に良し悪しを測るのがいいのではないかと思います。