カントン包茎は早急に手術を

包茎の症状の中でも、特に気をつけなくてはいけない物というのがカントン包茎という物です。
こちらは、どちらかというと真性の物にやや症状が似ているのですが真性の物と違って一応皮を剥くことはできるんですね。
しかし、この症状の場合皮を剥くのに非常に苦労するというような特徴があります。
というのも、この症状の場合だとペニスの皮の出口が真性の物と同じく極端に狭くなっているので無理に剥こうとしてしまうと亀頭の下側に引っ掛かり締め付けてしまって、亀頭をうっ血させてしまう場合があるのです。
勿論、それに伴って痛みを発生することもありますのでペニスが腫れあがってしまったりすることも多く、皮を剥くだけでリスクを負わなくてはいけないというような厄介なものでもあるのです。
しかも、この状態で性行為をすると皮の狭い部分が無理な摩擦で裂けてしまって出血してしまったり意図せずに皮が剥けてしまってペニスを締め付け亀頭が鬱血してしまうというようなことも起こりえるのです。
この、ペニスの鬱血は長い間されていると最悪の場合壊死してしまうこともあるんですね。
だから、極力皮を無理に剥くようなことをしない方がいいのですがそうしないと皮を被っている状態で一番危惧すべき衛生面でのケアをすることができないのです。
それだけでなく、意図しない状態で皮が剥けてしまうことに対して怖がってセックス自体が正常にできなくなってしまうというようなデメリットが沢山ある症状なのです。
こちらも、真性同様に自力で治療することができることはまずありませんので改善するためにはやはり外科的な包茎治療を施すしかないと思います。
カントンの場合は、特に不衛生なだけではなくペニスが痛くなったりすることもあるなど深刻な症状になってしまう場合が多く、できるだけ早めに医院に相談することをお勧めします。
ペニスが壊死するようなケースは稀ですが起こり得ないことではありませんので要注意です。